へいせいたかとりクリニック

整形外科

整形外科は、身体を支えたり動かしたりするための脊椎・上下肢の骨や関節、椎間板、靭帯、腱、脊髄、末梢神経を対象とした病気や外傷を治療することを目的とした診療科です。
具体的には、骨折、脱臼、切り創、打撲などの外傷をはじめ、肩こり、腰痛、神経痛、膝痛など、日常的によく起こる身体の機能障害や痛みなどを扱います。あらゆる年齢層の患者様を対象と致します。
そして、必要に応じてリハビリテーション科で身体機能の改善を図っています。
当院の整形外科では、以下のような治療を実施しています。

【保存的治療】
手術を伴わない処置は保存的治療と呼びます。
当院では以下の治療を実施しています。

→リハビリテーション
当クリニックには2名の常勤理学療法士が在籍しており、機能回復や疼痛緩和を目指して積極的に徒手療法を実施しています。また、必要に応じて物理療法や運動療法を組み合わせることで、効率よく疼痛軽減を進めることが可能です。詳細はリハビリテーション科の紹介ページをご覧ください。

→装具療法
四肢・体幹の機能障害の軽減を目的として使用します。医師の処方に基づき、専門業者により、個々の患部の形状や使用状況に合わせて制作しています。
例えば、腰部脊柱管狭窄症や変形性腰椎症などの腰部機能障害に対してコルセットを処方したり、変形性膝関節症などの膝痛に対してサポーターを処方することで、安定性を高め、疼痛軽減を図ります。

→薬物療法
肩・膝・腰などの関節痛をきたす疾患に対して有効・必要と判断した場合、潤滑油の役割のヒアルロン酸などを注射する関節内注射や、炎症による痛みを抑える役割の消炎鎮痛剤などを注射するブロック注射などを施行することで、痛みや炎症を改善させます。
また、患者様の疾患や症状に合わせて、消炎鎮痛剤などの内服薬や湿布・軟膏などの外用薬の処方を行います。

→手術的治療
整形外科では状況に応じて手術を行うことがあります。手術が必要と診断された場合は、連携病院もしくはご希望の病院へ紹介致します。

【整形外科の主な対象疾患】
l 手疾患(ばね指、手根管症候群、TFCC損傷、骨折後変形癒合に対する骨切り術、キーンベック病、神経・腱断裂、変性疾患など)
l 足疾患(内反足、扁平足、外反母趾など)
l スポーツ疾患(疲労骨折、膝靭帯断裂、野球肘、投球肩障害など)
l 膝、股関節疾患(変形性疾患、骨壊死など)
l 脊椎疾患(頚椎症、頚椎・腰椎椎間板ヘルニア、変形性腰椎症、脊椎管狭窄症など)
l 各種外傷疾患(骨折、脱臼など)


Information

へいせいたかとり
クリニック
[診療科]
内科・整形外科・リハビリテーション科
[所在地]
〒635-0136
奈良県高市郡高取町
大字兵庫202番地
[連絡先]

電話 0744-48-3301
FAX 0744-48-3302